2014年

10月2日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2014-10-02 15:27:37 (5808 ヒット)

11月1日付けで卒業生の花田俊勝君が大分大学医学部、細胞生物学教室の教授に就任することが決まった。私が大学院生の時から指導したいわば教え子で教授になったのは彼が初めてである。なのでなおのこと嬉しい。花田君が来たのは久留米でラボを持って3年目くらいだったろうか。大分大学(大分医大)は彼の母校でもある。彼が運営する教室は私が大分時代に助手として勤務した経験がある伝統ある『第一生化学教室』でもあり私にとってはいっそう感慨深い。これからは地方の時代と言われる。ぜひ大分から世界的な成果を発信してほしい。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。