2015年

9月11日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2015-09-11 15:12:49 (3841 ヒット)

 以前IL-33がILC2を介して白色脂肪をベージュ化するという論文を紹介した。似たような話で、飲むだけで運動したのと同じ効果が得られると評判だった夢のホルモン、イリシン(irisin)。ネーミングがかっこいい。しかし2012年Nature(2012 Jan 11;481(7382):463-8)に発表された時はセンセーショナルだったが、どうも幻に終わりそうだと言う。Irisinを基につくられたベンチャーは破綻。ヒトの血清中のirisin測定に使われたELISAの抗体はまともに反応しないものだったそうだ。それまで発表された数十の論文は正確にirisinレベルを検出していなかったらしく、信用できない。そもそもirisin投与で痩せたという話はないらしい(natureではアデノウイルスによる遺伝子導入を使用。効果は限定的)。うまい話には気をつけないといけない。飲み薬で痩せるなんてあきらめて地道に運動したほうがよさそうだ。そう思ってしばらく通勤電車を2駅前で降りて歩くことにした。

 

印刷用ページ このニュースを友達に送る