2015年

12月1日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2015-12-01 07:35:14 (2102 ヒット)

 Dear Dr. Yoshimura:
I am pleased to inform you that I intend to accept your manuscript entitled "A Unique Interaction between the EVH1 Domain of SPRED1 and the GAP-Related Domain of NF1 Elucidates Pathogenetic Mechanisms of Missense Mutations in Legius Syndrome and Neurofibromatosis type 1" 
なんとrevise実験無し。Reviewerのコメントを公開するのはいけないのだろうか?コメントは何もない。2名ともに”I recommend the manuscript be accepted without revision in the Journal”と言ってくれている。こんなにほめられたことは今までなかった気がする。これは泣けてくる。タイトルのEVH1やGAPをスペルアウトしろというofficeからの指示だけだ。
平田さんはyeast two hybrid法とIP-Westernを駆使してSpredのEVH1ドメインがNF1のGAP-related domain (GRD)と結合することを証明した。SpredがNF-1(神経線維腫症1型の原因遺伝子、Ras-GAP活性を持つ)と会合してRas経路を抑制することは2年ほど前に他のグループによって発表された。長年EVH1の結合相手を捜していただけに非常に驚き、自分の手で見つけられなかったことに落胆した。我々もすぐに追試を開始。平田さんはそれを確認して、さらに結合部位を同定した。それだけではない。SPRED1とNF1の病原性変異がこの結合に与える影響を精査し、変異と結合力とRas-ERK経路の抑制効果との強い相関を見いだした。変異の位置からおおよその結合モデルを提唱することもできた。Spredは私のライフワークのひとつだ。いろいろ紆余曲折があったものの、真のメカニズムを示すことができて嬉しい。平田さんのしっかりした技術力と粘りに敬意と感謝を表したい。

追記:タイトルは"Interaction between a domain of a negative regulator of the RAS-ERK pathway, SPRED1, and the GTPase-Activating Protein-Related Domain of  neurofibromin is implicated in Legius Syndrome and Neurofibromatosis Type 1." に変更されて正式にacceptになった。論文はこちらから

なんと本論文が"Paper of the Week."  に選ばれた。見てくれているひとはみてるんやなあ。ほめられると嬉しいものだ。やっぱり人間『ほめられて育つ』のか。

Dear Dr. Yoshimura:

We are pleased to tell you that your manuscript has been selected as a Journal of Biological Chemistry "Paper of the Week."  

Our editorial board members and associate editors have determined your paper is in the top 2 percent of manuscripts they will review in a year in significance and overall importance.  About 50 to 100 papers are selected from the more than 6,600 we publish each year. 

Your paper will appear under "Papers of the Week" online in the Table of Contents of the issue in which it will appear. The paper also will be included in a cumulative collection accessed from the JBC homepage, www.jbc.org.



 

印刷用ページ このニュースを友達に送る