2015年

12月26日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2015-12-26 15:36:26 (1789 ヒット)

 25日は恒例の年末大掃除。私は自分の部屋を片付けるのだが、午前中一杯で教授室はゴミ部屋と化し、次第にあきらめて撤収を開始し3時くらいには終了。毎日少しずつ片付ければ年末だからといってそう苦労するはずはないだろうが、それができないのが人間。学生の勉強と同じか。引き出しの中の整理は完全に来年に先送りされた。
24日にオーストラリアからTGFβとNK細胞をやっている若い研究者がやってきてワインをお土産において行った。通常は掃除の後に忘年会なのだが今年は『大掃除の後は体力的にきつい』という声を受けて忘年会は別の日にやることになった。しかし大掃除の後に慰労会と称して、もらったばかりのワインはもちろん、しこたま飲んだのか記憶を失う。気がついたら自分の部屋のベッドに寝ていたのでちゃんと帰れたのだろう。なぜか台所の換気扇がついており何か調理しようとした形跡がみられる。ガスの火はついていなかったのでほっとする。これは危ない。来年は酒をやめよう、いや控えめにしようと決意だけは新たにした。
 

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。