2016年

2月13日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2016-02-13 11:26:04 (1989 ヒット)

 平田さんの論文がJBCのpaper of the week に選ばれて本日号に出ていました。本研究はSPRED1のEVH1ドメインとNF1のGRD(GAP-related domain)が会合することでNF1をRasに近づけて抑制するメカニズムを明らかにしたもの。またSPRED1の変異とNF1の変異による発症機構の理解も進むことになった。次はC末端のSPRドメインの機能を明らかにしたい。

Understanding the Interactions between the Proteins Implicated in Legius Syndrome and Neurofibromatosis Type 1Interaction between a Domain of the Negative Regulator of the Ras-ERK Pathway, SPRED1 Protein, and the GTPase-activating Protein-related Domain of Neurofibromin Is Implicated in Legius Syndrome and Neurofibromatosis Type 1 

J. Biol. Chem. 2016 291: 3135. doi:10.1074/jbc.P115.703710

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。