2016年

3月26日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2016-03-26 13:15:14 (2169 ヒット)

 3/25近くの居酒屋でこの3月卒業の3名の送別会。なにかまともなことを言おうと思っていたら周囲からはよ乾杯をせいという声が沸き上がり言いたいことも言えずに飲みに突入。野菜と焼き鳥がメインの店のようだ。K君は修士からの所属で実に6年も当教室に所属したことになる。学生では最長記録ではないか。K君が入学当時の写真を見せてくれた。これは衝撃的だった。6年前はかなり細かったのだ。歳の数と同じだけ体重(Kg)が増えているように思う。4月からはK君とSさんは大手製薬企業に勤め、S君は今度は救急部(ER)にいくそうだ。皆それぞれの次の目標に向かってチャレンジを続けることだろう。一応教師なので卒業生を送り出すのは一抹のさみしさが混じっているものの大きな喜びだ。よほど嬉しかったのかだんだん飲みのペースがあがって、そのうち何を話しているかわからなくなった。2次会は『インキュベータ』に行った。これも久しぶりだったが、そのころから記憶が飛んでいる。何か壊したらしく翌日「修理代」の請求書がでてきた。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。