2016年

8月27日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2016-08-27 11:34:13 (1641 ヒット)

 8/20-26 オーストラリアのメルボルンで開催された国際免疫学会に行って来た。学生らも4名一緒に参加した。成田からシドニーを経由して飛行機に乗っている時間は計10時間くらいだろうか。何より時差がないのでだいぶ楽だ。当然ながらかの地は冬。事前の予報では15度くらいということでコートは持って行かなかったが、雨も降って結構寒かった。会場は巨大で最新式の機材が揃っていた。しかし驚いたのはポスターだった。写真のようにQRコードがただ並んでいるだけ。現代芸術の展示かと見まがう。このQRコードをスマホやタブレットで読みこむとデータなどの図が呼び出せるのだが、あらかじめ検索しておかないとどれが自分が見たいものかを把握することは困難だ。解説者がいないブースはほぼ素通りだ。これはいかん。後半に入って小さくてもプリントアウトした紙を張り出したブースが多かった。うちの大学院生らもそうしていた。口演のほうも最新の機器が導入されていた。私はミニシンポの座長をしたのだがこの機器の使用方法がわからない。部屋が真っ暗になったり明るすぎたり。ハイテクも使いこなせなければかえって迷惑なものだ。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。