2016年

10月31日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2016-10-31 08:36:05 (2015 ヒット)

 運動不足をなんとかしないといけない。といって運動神経もないし急に始めると心臓に悪いかもしれない。ということで日曜日の朝突然思い立って相模湖まで行って来た。はじめは1時間くらいのウォーキングのつもりだったのに孫山を越えると明王峠まで行きたくなりそこまで行くとあと1時間で陣馬山山頂だというので、つい軽装備をものともせずに山頂まで登ってしまった。実は大学生の頃「京都を歩く会」というサークルに入っていて週末はよく京都周辺の山に登っていた。その頃から「途中の景色を楽しむ」というタイプではなく「休む時間を惜しんでともかく一番に山頂に立つ」ことを目ざす無謀なことをやっていた(仕事も同じ傾向か)。登山口の与瀬神社からいきなりの急勾配でしかも誰とも出会わない。ここで倒れたら誰にも気がつかれずに2,3日放置されたままだろうなと思いながら登る。峠を越えると人が多くなってきた。山頂は見晴らしがよかったが帰りはもっと急勾配で膝が痛い。ガイドHPでは6時間の行程を4時半で完歩した。当然翌日全身筋肉痛で歩くのがつらい。年寄りの冷や水だったか。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。