2016年

12月20日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2016-12-20 22:58:11 (1374 ヒット)

 多くの先生が経験していることと思うが、大学院生の論文の添削は命を削る作業である。これには集中力が必要なのだが年をとったせいか集中力が続かない。以前より時間がかかるようになったし、より苦痛を感じる。さらに最近肩が凝るようになった。体に力が入っているのか五十肩になってしまったようだ。そういう時に限って当の学生は何処かに行っている。毎年くり返されることだがだんだん怒りが湧いてくる。自分の英語で書かないこと。暗号解読にすこぶる神経をすり減らすことになる。

印刷用ページ このニュースを友達に送る