2017年

3月8日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2017-03-08 14:56:08 (1424 ヒット)

 昨晩は森田准教授、七田講師、O研究員、K研究員、および別の研究所ながら毎回セミナーに参加している佐伯君の送別会だった。『教室』なので卒業はつきものだが一度に5人も送り出すのは記憶に無い。森田君は国際医療福祉大学の教授、七田君は東京都医学総合研究所のグループリーダーとしてそれぞれ独立する。またO研究員は理化学研究所で二度目のポスドクをやる予定。K研究員と佐伯君は4月から留学だ。はなむけの言葉で『「子を持って知る親の恩」といわれる。きっと自分でラボを運営するようになって吉村先生の苦労とありがたみがわかるだろう』と言って笑いを誘った。もちろんいい仕事を出さないと「やっぱり吉村先生のラボだったから」と後ろ指をさされることになる。ぜひ頑張ってそうならないようになってほしい。
七田君は当教室に10年、森田君は7年半も在籍したことになる。色紙に貼るのに昔の写真を探して欲しいと言われて検索していたらいろいろとなつかしい写真が出て来て整理についつい時間をかけてしまった。まだまだ昔を懐かしんではいかんのだが。
飲み放題ということもあり日本酒をがんがん飲んでしまった。おちょこでは小さいのでグラスを頼んだら店のアルバイトの子がビール用のグラスを持って来た。よほど酒飲みと思われたらしい。朝、目が覚めるとお腹が重い。どうも家に帰ってスパゲッティを茹でて食ったらしい。らしいというのは作った記憶が無いから。領収書も見当たらない。久々に記憶を無くしたらしい。翌朝は外部で会議だった。偉い先生がたと名刺交換。酒臭いと思われたのではないか。。

印刷用ページ このニュースを友達に送る