2017年

7月1日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2017-07-01 11:47:39 (1021 ヒット)

 先週は弘前、札幌と出張が続いてだいぶお疲れモードだが締め切り間近の原稿や審査が山積みで休む暇がない。そんな時に限ってデスクのiMacの調子が悪い。実は一月くらい前から不穏な動きをしていた。とんでもなく遅い。WORDやExcellすら開くのに時間がかかるし頻繁に停止する。ネットに出ているセーフブートとか様々なことを試みたがよくなるのは一時的ですぐにまた遅くなる。まだ購入して3年くらいだろうが、もし仕事の途中でクラッシュしたら想像するだけでも恐ろしいほど被害は甚大である。そこで新しいiMacを購入することに。新iMacが届いた日についに古いiMacのMailが完全に停止した。新iMacに移行するまでにはまだ時間がかかる。しょうがない。Mailを復旧するためにアカウントから設定し直した。すると何ということか今まで亀の歩みのようだった旧iMacがスイスイと動き始めたではないか。まさかお蔵行きになることを察して急に行儀よくなったわけでもあるまい。要するに原因はMailにあったわけだ。以前の設定がおかしかったとしか思えない。といっても同じ設定のはずのMacBookは問題ない。一体何が悪かったのか見当がつかない。まあ旧iMacも十分使えそうなので学生室で共通Macとして使ってもらおうかとも思う。
もしiMacがものすごく遅くなったと感じたら「Mailのアカウントを全部削除して設定し直す」。これはWebにも出ていなさそうなのでMacが遅くなる対策法として記載しておきたい。
 

印刷用ページ このニュースを友達に送る