2017年

10月18日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2017-10-18 18:57:59 (1533 ヒット)

 今年は挑戦研究と新領域の公募に出そうと張り切って2つ書いていた。昨年から「萌芽研究」は「挑戦研究」という題目に変わって「開拓」と「萌芽」2種類になっている。「開拓」は総額2千万円までとかなりデカイ。新領域も久々の免疫系がある。これも狭き門であるが額が大きい。とにかく額が大きければ力も入る。どちらかひとつでも当たれば十分ありがたい。申請書を一通り書き上げてまず「開拓」のほうのWeb登録を済ませんた。いつも通りで問題はない。ところが2つ目の新領域公募の申請書をアップロードしようとするとエラーで進めない。何度やってもダメなので上のほうをよくみると「重複申請の制限により申請できません」とあるではないか。なんたること!あわてて募集要項を見直すと「萌芽」であれば「新領域公募」に出せるが、「開拓」では出せないことになっている。少しは大目に見て欲しいと愚痴っても無理なものは無理。せっかく書いたしやっぱり「萌芽」にしようか3日くらい迷った。しかし「挑戦研究」なんだから守りに入ってはいかん、果敢に挑戦すべしと『天の声』がしたのでそのまま「開拓」一本に絞ることにした。すごい博打だ。もともとじゃんけんすら弱い自分である。『悪魔のささやき』だったのかもしれない。それにしても科研費説明会でさんざん「重複制限に注意せよ」と声を大きくしていたのに自分が引っかかるとは情けない。昔は紙媒体だったので出した後判明すると審査にも回らなかった。今はWeb申請段階で受け付けてくれないのでこれはこれですごく親切ではある。でも『それさあ。。。早く言ってよ~』

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。