2017年

12月24日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2017-12-24 22:42:10 (1520 ヒット)

 クリスマスイブだが今日はほとんどの時間を年賀状書きに費やす。やめたくてもやめられない郵政省の巧妙な罠か。それでも「陸王」の最終回を楽しみに家路を急いだ。「下町ロケット」とほぼ同じ。正義、あるいは「人情」は最後に勝つ。最終回は予想された以上にベタな展開で何一つ驚きがない。にも関わらず涙が出て来るほどカタルシスを感じさせるのはやはり原作も演出もすごいのだと思う。ここは「あきらめなければ必ず勝てる」「どんな時にも勝利を信じる」という最もシンプルなメッセージを素直に受け止めよう。。

「陸王」に「下町ロケット」ほどの入れ込みがわかないのは何故か考えていた。おそらく「下町」では技術系の開発の話にかなりウエイトが置かれていたのに対して「陸王」ではそっちはかなり希薄だったからだろう。マラソンで勝って注文が殺到したのはいいが、完全に壊れたはずのシルクレイ製造機はすぐに造れたんだろうか?飯山が半生をかけたというのに。理系人間にはそんなところが引っかかる。

それにしても最後に「3ヶ月間視聴ありがとうございました」というテロップが出て来たときは衝撃を受けた。え、もう3ヶ月もたったの?時間が経つのが速すぎる。今年は後半忙しかったもんなあ。今週は懇親会や忘年会が続く。。

学生時代にお世話になった山岡育英会に寄稿しました。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。