2018年

3月25日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2018-03-25 11:17:14 (1563 ヒット)

 今月は退任記念のシンポジウムやパーティで飛び回った。まず上旬8,9は東大の松島先生、続いて10,11と別府で九大塩沢先生(病因研究会を兼ねる)、16日は阪大審良先生、そして昨日は鹿児島大学小宮先生と東大宮島先生。同日に記念の会があるとかなり難しい判断を迫られる。しかも東京と鹿児島では距離的にどちらも参加は不可能。しかしどちらも私に取っては大恩人である。そこで24日午前中に小宮先生にお会いして記念品を渡し、午後に東京に戻って宮島先生の会に出席することにした。鹿児島の会ではノーベル賞大村智先生の講演が予定されていた。小宮先生の計らいで30分ほど大村先生とお話することができた。写真もとらせてもらって大感激だった。
別欄に退任記念誌への寄稿文「小宮節郎先生とのご縁」と「宮島先生とDNAX研究所」をupしました。

しかしさすがに疲れた。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。