2019年

1月14日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2019-01-14 15:36:21 (1378 ヒット)

昨年と違ってこの正月は胃腸不良と膨大な雑務のためにほとんど神社にお参りしていない。神仏だけが頼りの自分としてはこれはなんとかしないと、と思っていたところ、今朝何気なくNHKをつけたら「さし旅-仏像マニアと巡る新春!ご利益ツアー」という番組をやっていた。なんでも目黒の「大国寺」に仏像がたくさんあってかなり「ご利益」があるらしい。正月の参拝は神社と思い込んでいたがお寺でも「ご利益」は同じか。
京都に長くいたので仏像は馴染みがあるが、東京メトロの冊子によると江戸にも結構由緒ある仏像がたくさんあるらしい。今日は雲ひとつない快晴で縁起がよさそうだ。目黒なら近い。というわけで早速行ってみた。テレビではかなり大きなお寺のように見えたのに結構小さい。しかしお地蔵様やら石仏やら五百羅漢やらかなりの数の仏様がいる。予想した通り同じくテレビを観て駆けつけたと思われる単純な、もとい素直な老若男女で賑わっていた。テレビでは先生が「仏様もこっちをみているのだから長時間しっかりお願いするように」と言われていたが後ろがつかえているのでそうもいかない。主だった仏像を片っ端から拝んで「お願い」を早口で唱える。そしておみくじを引くとなんと「凶」。しっかり勉学に励まないといかんと諌められた。このお寺はおみくじがなんと50円で良心的だ。100円いれたのでもう1回引いてもいいはず、と今度は「吉」。どうも「凶」と「吉」の2種類しかないようだ(筒を振って出た番号の引き出しを開けて取り出すタイプなので、好奇心を抑えられなくて、、、)。「くじ」みたいなものをあてにせず精進せいということだろう。

「くじ」といえば西川先生のオヤジギャクをひとつ。日本が国際捕鯨委員会から脱退したことについて「鯨だけに目クジラ立てることもない」。座布団2つくらいあげたい。
ではなぜ「とがめる」ことにクジラが関係するのか?ボーッと生きている自分は知らなかったが海のクジラとは関係ないらしい。目尻(めじり)のことを「目くじり」ともいうそうでそれがなまって「目クジラ」になったのだ。明日すぐに自慢できる無駄知識。


 

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。