2019年

3月10日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2019-03-10 16:04:16 (1112 ヒット)

keystoneから戻って都内含めて外回りが多く何をするにもまとまった時間がとれない。一昨日は金沢医科大学で昔の卒業生に呼んでもらって講演。そのあと加賀料理と日本酒を堪能させてもらった。金沢と言えばおでん。居酒屋をひとりで切り盛りしていたお姉さんに「なんで金沢ではおでんが有名なの?」と聞くと「石川県はおでんの消費量が日本一なんですけど、何故か?は知りません。」「ぼーっと生きてんじゃないよ」(と小さい声で)。ネットで調べてもよくわからない。ぜひチコちゃんに聞いてみたい。
接待してくれた卒業生や医学部の先生は金沢出身ではない。冬は寒くて大変だろうと思ったが金沢を愛してやまないようだ。ちなみに金沢は金箔も有名で、なんでもかんでも金箔が施されている。こちらは加賀百万石の伝統の他に湿度が高いことも関係あるのだそうだ。若い先生は洗濯物が全然乾かないと嘆いていたが。
金沢から戻って翌日は麹町の都市センターホテルで講演。また京大のK先生と一緒だ。K先生の話はいつ聞いても面白い。スライドでも「ここで少し脱線」と前置きして自分のマンガや教科書の話をしたり、所属するロックバンドの話をしたりする。今回はパワーアップしてN○Kの「がってん」で紹介された「リンパ節ひとり旅」のメーキングビデオまで披露された。いや脱線はいいのだが、ここまで強烈だと記憶にあるのは脱線の話ばかりで、本業の話をほとんど覚えていない。ご本人にそれとなく言うと「いや学生からも言われてます」と気にされていない様子。これはこれで持ち味なんだと納得。私は冒頭「脱線はしません」と宣言して少し笑いをとった程度。一つだけ大いに記憶に残ったのは○大CiRAからの報告でHLAのほとんどをノックアウトしてほぼすべての患者さんに移植可能なiPSを作ったという論文を紹介したこと。「キラーT細胞には認識されないだろうがNK細胞にやられるんじゃないですかね。「移植」というからにはもっと免疫学を勉強してほしいですね」またケンカを売るような言わんでもいいことを。。。でもK先生は憎めない。愛されキャラだと思う。

 

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。