2019年

9月1日

投稿者 : yoshimura1212 投稿日時: 2019-09-01 17:33:30 (824 ヒット)

 高知から福岡に飛び日曜日からのAMEDの若手発表会に参加する。CRESTの若手、PRIME一期生の発表で内容は多肢にわたるものの極めて面白かった。終了後もいくつかのグループで情報の交換や共同研究の話が盛り上がっていたようなので大いに成功だったと思う。九州北部はこの日から雨続きで佐賀県での豪雨災害につながった。
東京に戻ると次は2期目の応募で不採択になった提案への返答が待っていた。もちろん他の審査員からのコメントも羅列してあるが、皆さん神経をすり減らして必死に書かれた申請なのだから、なるべく丁寧に返事をして問題点を指摘したい。様々な仕事が溜まって時間に追われている身ながら(なのに飲み会に行く時間はあるのは何故とは聞かないで)、こちらも週末を潰して取り組む。といっても半端な数ではないので全部に書き加えることは難しい。私のような領域長(総括)は日本のライフサイエンスを担う人たちを支援するため雇われている。だから採択された人たちへの叱咤激励だけではなく、申請された方、これから申請しようという方にアドバイスをすることも重要な仕事と思っている。学会やメールなどで遠慮なく声をかけて欲しい。どこまで適切な助言ができるかはわからないが参考意見は言えると思う。サイエンスに限ったことではないが、他人の意見は時に思いがけず役に立つことがあるものだ。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。