最終日/寒冷アレルギー

投稿日時 2015-11-20 22:26:34 | カテゴリ: TOP

 毎晩お楽しみのようですね、と秘書さんから小言メールをいただいたから、というわけではないが最終日はひとりラーメンを食べて仕事をしようとホテルに戻った。だいぶ仕事が溜まっている。しかし何かおかしい。少し歩いただけなのにひどく疲労感を覚える。そういえば会場で会う先生、会う先生に『お疲れですね』と声をかけられた。最近目につく『背中が痛む』という訳ではないが、ホテルに戻るとフラフラしてそのまま数時間寝込んでしまった。よく考えたら札幌に来てから涙と鼻水、くしゃみがとまらない。微熱もある。これは間違いなくいつものアレルギーだろう。『寒冷じんましん』という疾患がある。我々の世界ではNLRP3遺伝子の活性化型変異が有名だ。同様に『寒冷アレルギー』という言葉もあり、寒さが引き金になってアレルギー症状がでるらしい。何がアレルゲンなのか全くわからない。しらかばの季節はとうに終わっているし。ともかく抗ヒスタミン剤を飲むとだいぶ気分も良くなった。一度NLRP3の配列を読んでみたほうがいいかもしれない。
北の湖理事長が亡くなった。テレビで誰かも言っていたが、同世代の人間には『ひとつの時代が終わった』という思いが去来する。






慶應大学 吉村研究室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://new2.immunoreg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://new2.immunoreg.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=184