慢性腰痛・気になったニュース

投稿日時 2015-12-27 10:25:52 | カテゴリ: TOP

 日曜日のNHKをみていたら今年一番人気のあったNHKスペシャルが『腰痛治療革命』で2番目が『腸内細菌』だそうだ。NHKは『腸内細菌』が好きでブームの牽引役とも言える。興味深かったのは慢性腰痛の原因は腰ではなく脳だという。脳が一度経験した激烈な腰痛を覚えていて『また痛いのではないか?』と怯えた状態が続くのだそうだ。慢性腰痛の患者さんの多くが一種の『脳トレ』で治るという。私も若い頃に一度ぎっくり腰をやって3日ほど寝込んだことがあった。しかしそれ以降全くない。DLPFCという『痛みを抑える回路』が痛みの神経活動を抑えてくれるそうで、恐怖やストレスがその機能を弱らせる。私などはきっとその回路が強いのだろう。そういえば大抵の苦しいことは1日寝れば忘れるのはそのせいかもしれない。いや単に記憶力がないだけかもしれないが。
ニュースで大阪大学の四方哲也教授が不正経理で処分検討というのがあった。名前が珍しいので注目したこともあるがその額が1億7千万にも上るというのが驚きだ。基盤Sと同じくらいの額で割と著名な研究室の5年分だ。進化や人工細胞の研究をしているそうで、それでERATOの代表者になったようだ。注目はされている分野だろうがERATOでやるようなことなんだろうか。納税者としてはどうも納得いかない。よく知られているように大きな発見や技術革新の芽は科研費の基盤Bクラスで得られる。その芽を伸ばすのに大型研究費は必要だ。でも裾野を広げないと芽は出て来ない。今やるべきは頂上を高めるよりも裾野を広げることのように思うのだが。。
 






慶應大学 吉村研究室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://new2.immunoreg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://new2.immunoreg.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=201