韓国研究の興隆

投稿日時 2016-02-25 20:47:22 | カテゴリ: TOP

 24日、韓国の浦項(ポハン)工科大学にある研究所の共同研究者に呼ばれてセミナーをしに行った。浦項工科大学(略称はPOSTECH)というのは1986年に創立されたので歴史は浅いがトムソンロイターの世界大学ランキングでなんと28位なのだそうだ。私立大学だがPOSCOという韓国最大の製鉄会社が出資しておりキャンパスは広大だった。それに関連する生命科学の研究所で、そのなかでも免疫学には力を入れているらしい。数人の教授と若手PIらと話をしたが、多くはアメリカなどで経験を積んでいる研究者で破格の条件で呼び戻されたそうだ。設備も当然すごいが話している内容が今度Scienceに出るとかNIにでたとか、レベルが違う。キムチから免疫によい菌を分離しようというプロジェクトもあった(パワーが出そうだ)。学生たちも熱心だった。お昼を研究の話をしながらPhDの学生らと摂ったが英語も私なんかよりもうまいしとにかく熱心だ。質問に答えているとまともに食べられない。ヒト、カネ、モノを集中投下して世界をリードしようという意欲が伝わってくる。少なくとも私が話した限りでは『韓国侮りがたし』。いやすでに追い抜かれているかも。写真は学生らと。
PI募集中なんだそうだ。所長は日本からもぜひリクルートしたいと言っていた。私には来てくれとは言わなかったが。。






慶應大学 吉村研究室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://new2.immunoreg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://new2.immunoreg.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=211