皮膚科研究会にて

投稿日時 2016-07-04 18:24:12 | カテゴリ: TOP

 7/1 講義実習の打ち上げ。新宿三丁目のトルコ料理の店に繰り出す。久しぶりに相当飲んだ。だいぶ陽気にはしゃいでご機嫌だったそうだ。何かを自慢げに見せている。帰りに何故か『私は自由だ!』と叫んでいたらしいが、、、何事もなく家に帰れたのだろうか?
翌土曜日は皮膚科関係の講演会。悪い酒でなかったのか寝起きはすっきりしていた。講演はいつもの常在菌とヘルパーT細胞分化の話で恐縮だったが『以前SOCSの話を聞いたこととがある』という先生から、今日の話はよく分かりました。と褒められた。つまり前回は全く理解出来なかったということか?やっぱり細胞内のシグナルの話は難しいらしい。
座長の先生に『先生の皮膚は皮膚科医からみても歳の割に若い。何か秘訣でも?』と言われてまんざら悪い気はしない。『当大学の皮膚科の教授に伝授されたノー石けん、ノーシャンプーを実践しています』と答えたら『うーん、それは臭うかもしれませんよ』。今のところ苦情はないと信じているのだが。。。
 

 






慶應大学 吉村研究室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://new2.immunoreg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://new2.immunoreg.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=244