ある小包

投稿日時 2016-12-14 20:25:58 | カテゴリ: TOP

 お歳暮のシーズンである。卒業生や関係する医局から研究室にいろいろなものをいただく。大変ありがたいことだ。皆様本当にありがとうございます。しかし中にひとつだけ地味な小包があった。やけに重い。あけてみると写真のような分厚い冊子体である。何であるとはいえないが、この季節によく来る「不幸の小包」と私が呼んでいるものである。その厚さにため息しかでない。正月はこれとにらめっこか。。。
 

今日外出したら目の周りがかゆくてたまらない。もしや花粉症? 例年1月の中頃からムズムズ(ムラムラではない)するのだが、ちょっと早すぎないか。。今年の冬は暖かいからかもしれない。

 






慶應大学 吉村研究室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://new2.immunoreg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://new2.immunoreg.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=291