Rudenskyとの共同研究がImmunityに掲載されました。

投稿日時 2009-01-17 14:52:56 | カテゴリ: TOP

SOCS1がFoxp3陽性Tregの産生をnegativeに制御する、という論文


Foxp3-dependent microRNA155 confers competitive fitness to regulatory T cells by targeting SOCS1 protein.

Lu LF, Thai TH, Calado DP, Chaudhry A, Kubo M, Tanaka K, Loeb GB, Lee H, Yoshimura A, Rajewsky K, Rudensky AY.

Immunity. 2009 Jan;30(1):80-91.

PMID: 19144316 [PubMed - in process]


miRNAの部分は別としてして我々はT細胞特異的SOCS1Tgおよび欠損マウスにおいてnTregが減少および増加していることを示した。TGFβ欠 損などでもnTregが増えることは知られているがSOCS1欠損はそれを上回る。nTregがどのようにして生まれるかは未だ解明されていない。我々の マウスがこの重要な問題に解答を与えることを信じて現在精力的に解析を行っている。






慶應大学 吉村研究室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://new2.immunoreg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://new2.immunoreg.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=3