自転車操業

投稿日時 2017-05-31 17:07:48 | カテゴリ: TOP

 明日から6月である。講義が始まる。今年は昨年に懲りて出席はとらないことにした。来たい人だけ来たらいい。無理に来させると『教授を変えたほうがいい』と授業中寝ている学生に非難される。講義後の匿名アンケートは全くナンセンスだと思う。こういうのは建設的に活用すべきもので、真面目な意見を出させるために顕名にすべきだと思う。ついでに試験前にするとなおよい。
ともかく講義の準備、論文書きに総説が3つも4つも溜まっている。講演の準備もあれば国際サイトカイン学会のほうも気になる。おまけに会議は増えこそすれ減ることはない。毎年この時期必ず『自転車操業状態』とぼやいている。英語でなんというかと思ったら辞書には『precarious day‐to‐day management 』とあった。もっと面白い表現だと『rob Peter to pay Paul』というらしい。ひとから奪ってでもなんとかやりくりしたい気持ちがよく出ている。私の場合はお金よりも時間だが。






慶應大学 吉村研究室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://new2.immunoreg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://new2.immunoreg.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=341