怒りのeRad--ダブルで来た

投稿日時 2018-10-10 19:49:34 | カテゴリ: TOP

 科研費の申請シーズンである。今回私は新学術のグループの一人として申請することになった。昨今申請はeRadから科研費申請システムにはいってずべてWebで済む。昔のように切り貼りした申請書をコピーしさらにコピーし、手で製本していた時代と比べるととんでもなく楽になった(おそらく今の若い人には想像もつかないだろう)。指示通りスイスイと進むと「分担者に承諾を得よ」という。教室内なので声をかけて承諾してもらったが、エラーが出てそれ以上進めない。おそらく機関担当者の承認も必要なのだろう。ということで「一時保存」して時間をおいてもう一度開く。ところが一時保存したはずなのに何処にもこれまで入れた形跡が見当たらない。自分が間違ったのだろうと観念してもう一度入力して「次に進む」を押すとやはりエラーだ。承認されていないらしい。しかたない。また「一時保存」してかなり時間をおいてもう一度開く。今度は「一時保存」を押したことは間違いない。しかしやはり「保存」はされてなくまた一からやり直し。だんだん拳が震えてきた。Web入力システム入力は良い点はたくさんあるものの必ず「落とし穴」がある。そこにハマると自力で抜けることが難しい。おそらく何か単純なことを間違えているかバグがあるか。ひとつつまづくだけで全く身動きが取れなくなる。システムを作った人はすべて「当たり前」のことなので「IT弱者」のことまで気持ちが及ばないのだ。某倫〇申請のシステムも同じ。1日も早くAIが進んで「初心者が陥りそうな間違い」を事前に察知して勝手に入力を訂正してくれるシステムを開発してほしい。
もうひとつの怒りは今年から〇〇〇〇の報告書にeRadからの報告も追加されたこと。科研費の毎年の報告書はすでにeRadでやるようになっているのでずいぶん楽になっている。これでだいぶ楽になるのかと思ったら、甘い。もちろん今までのExcellやWORDの報告書がなくなることはないらしい。なぜか2度やれ、というわけだ。せめてformatを同じにしてもらえれば入力はかなり楽になるのに。さらに業績はReser〇〇mapと連結しないととんでもなく入力が大変なことに気が付いた。Reser〇〇mapと連結することを前提としているとしか思えない。しかし私は昔のIDが残っていてReser〇〇mapにログインもできないのだ。い○めとしか思えない。ここでも「IT弱者」は途方にくれるしかない。もしかしたら大金をかけて作成したReser〇〇mapの利用頻度があまりに低いのでどこかが挽回しようと画策しているのか。。

後日談:申請書の方は結局最後の最後になって『Error: 重複応募の制限で応募できません』が出てきて、なんと自分は出せないことが発覚。ちゃんと調べて始めなかった自分が悪いんだが、せめて記入始めた時に警告出してくれれば、、、「私の失われた半日」も痛いが、それ以上に計画全体の修正が必要になるので仲間の先生たちに申し訳ない。やっぱりもっと巨大な「落とし穴」があったのだ。。。

Resea
〇〇mapはIDを再発行してもらってPubMedから論文リストを作成できた。340件を超えている。もう少しあると思うが面倒だからこれでよしとする。これをeRadに連結した。ここまではうまくいった。eRadから業績報告欄に行き、Resea〇〇mapから論文リストを転送。おお、簡単ではないか!しかしなぜか全ての論文に選択用のX印が。。。必要なのは2017年の15報だけなんですけど。。。全てを解除する設定は見当たらない。しょうがなく残りの325報のチェックを外す。書くのは簡単だが何の意味もない単純作業を30分くらいやらねばならない。すでに手がわなわなと震えている。まあよい。どうせこんな作業しかできない老いぼれだ。やっとX印を外して「登録内容の確認」ボタンをクリック。すると
『HTTP404:ページが見つかりません』
オーマイガー!何をやってもHTTP404。「保存」を押してもHTTP404。
ブチ切れても当然のシチュエーションながら、老人はもう怒る気を失っている。明日eRadかどこかに電話しよう。ここで悪戦苦闘しても多くの場合時間の無駄であることは経験的によくわかている。それにしてもだ、こんなク◯なシステムを作成して大金をせしめた業者かあるいは〇〇は何処だ?研究者の労力を削減するという謳い文句ではなかったのか?使われないのはク◯なシステムだということにどうして気づかないのか?そうかこれを作った人たちは自分が入力することはまずないからな。当然か。これでは日本の科学の落日も当然ともいえる。

翌日eRadのヘルプデスクに電話する。ブラウザを替えることしか方法が思いつかないらしい。選択を全部消す方法くらいつけとけ、研究者をバカにしてんのか!と電話口で怒鳴ってしまった。モンスタークレーマーと呼ばれているかもしれない。
ブラウザを3つ試したが全部ダメ。試しに手で論文を一件だけ入力して見た。するとうまく「登録」ができた。eRadとResearchmapの連結に問題があるのか?結局全部手で入れろというのか。こんな「生産性のない」ことになぜ時間を費やさなければならないのだろうか?馬鹿馬鹿しいので論文は一件だけにしてそのまま登録した。きっと怒られるだろうが問題を知らせる効果はあるかもしれない。






慶應大学 吉村研究室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://new2.immunoreg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://new2.immunoreg.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=438