年末雑感いろいろ

投稿日時 2018-12-24 20:01:11 | カテゴリ: TOP

 12月は師走なだけになぜか忙しい。免疫学会の最終日に福岡を中心とした卒業生が集まってくれてまた「還暦会」をやってくれた。ありがたいことだ。ただはしゃぎ過ぎて翌日の飛行機にかろうじて間に合ったことはいい年をした大人としては反省材料だ。

天気予報によるとこの週末はひどく寒くなるそうだ。天気予報士南さんの説では「大掃除の時期なのに箒(ホウキ)も放棄したくなる」寒さだとか。女性アナウンサーに一瞬先を越されて「放棄」ですね、のようなことを言われてしかしメゲずに最後まで完遂し、言っちゃった後の静寂をものともしかなった南さんはオヤジの鏡として愛おしい。

西郷どん。自決シーンがなく「え!?」「下町ロケット」の最終回サギ。頭にくるが正月ももう一度楽しめるかと思ってしまう自分がどうにも哀しい。

科研費の上積み136億円はすべて若手に
。老兵はただ去りゆくのみ。

東京タワーも還暦らしい

出入国管理法(移民法)が成立。しかしすでに日本は移民大国だそうだ。留学生ビザで入国し勉強しながらアルバイトをしている。その数29万人。彼らの多くは多額の借金をして来日し劣悪な環境で寝る時間を惜しんで働いている。貴重な仲間としてしっかり育てている経営者もいるが、食い物にしている悪いやつらもいる。強制送還などがなくなり彼らが明るい正月を迎えられるように祈ることしかできない。

ともかくも2018年はいつもに増して激動の年だったような気がする。西日本豪雨では車が浸水して廃車に。温暖化対策は待った無しのはず。でもまあいいこともたくさんあった。神頼みも大いに効果があった。来年はもっといい年になって欲しいと願わずにいられない。






慶應大学 吉村研究室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://new2.immunoreg.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://new2.immunoreg.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=450