トップ  >  大石君からの帰国の手紙

08年5月に帰国!



吉村先生、小林先生

ボストンに留学中の大石です。いかがお過ごしでしょうか?研

究室の移動等で大変お忙しいことと存じます。

留学して3年になりますが、5月末に帰国することになりまし

た。とりあえずは百道浜の九州医療センターの整形外科リウマ

チ部門で臨床の修練をする予定です。この病院は小さな研究ス

ペースも備えており、私のポジションは臨床および研究をする

ことを期待されているものだと聞いております。大学院時代に

学ばせて頂きました免疫と破骨細胞の知識及びこの3年間の留

学で学んだことが生かせる職場ではないかと考えております。

こちらでは吉村先生が来られたときに紹介させて頂きましたが

、間葉系幹細胞の研究を主にしておりました。苦戦を強いられ

ながらも何とか耐え、あと1つの実験が成功すれば論文になる

ところまで来ました。この1つを除いたデータでとりあえずは

論文の形を作っているところであります。ボスはマウスを日本

に持ち帰って、仕上げるようにするばいいと言ってくれており

ます。あともう一つのプロジェクトをやっておりましたがこち

らは論文を書いた状態で、共同研究者のデータ待ちという状況

です。(在米中にアクセプトされてから帰国したかったのです

が、やはり簡単ではありませんでした。)自分のこの2つのプ

ロジェクト以外にも血液学のラボとのコラボで血液幹細胞ニッ

チの研究に携わることもできました。従いまして、自分として

は今回の留学で新しいことをいろいろと学べましたので非常に

満足しております。この留学も先生方のご指導のおかげで実現

したものであり、感謝の気持ちを忘れることはありません。帰

国後もどうぞよろしくお願い致します。学会等で上京した際は

ラボを訪問させていただくのを楽しみにしております!

大石正信


プリンタ用画面
友達に伝える
前
留学記(武田篤信)
カテゴリートップ
卒業生より
次
瀧本君の思い出(結婚式祝辞)2007年9/29